ハリアー購入体験記 ハリアー購入に向けて商談開始

ハリアー購入に向けて商談開始

2005年10月23日 交渉1日目

売れる営業マンは動物的カンというのか、車を買いたい人を鋭い嗅覚で嗅ぎ付けるのか突然G君から

「今度の日曜日、ラクティスの新車発表会だから遊びに来て!」

とお誘いの電話が。この時はハリアーの購入を考えていることは告げず、

「遊びに行くよ!」

といつもの返事。新車が発表されるたびにトヨペットへ遊びに行って、時には試乗もするので、そのノリで電話をくれたんだと思います。

そしていよいよ約束の日曜日、午前中の早い時間にトヨペットへお邪魔しました。「あっ!またいつものNSXが来た!」なんてほかの営業さんは思ったかどうか知りませんが、G君が何時ものようにお出迎え。外に止めてある試乗車のラクティスを一通り拝見した後、お店へ入ると香ばしい香りが漂ってます。中で所長さんが石焼きでサツマイモを焼いて、お客さんに配っていたんですね!朝食を適当に食べて来たので、なかなか美味しく頂きました。

さてテーブルについてコーヒーを頂きながら、まずはお約束のアンケートに答えます。クイズに答えると抽選でプレゼントがもらえるそうですが、今までかなりの枚数を記入して(させられて)きたけど全く当たった試しがない。G君の政治力で一度くらい当たってくれないかなぁ・・・。

そんなことより今日はハリアー購入に向けてマジ交渉をしたいのですが、なかなか話し始めるタイミングが掴めないで居ると、G君はパソコンとプリンターを持ってきて、いつものように勝手にラクティスの見積を作り始めようとするので(笑)、ここで持参した秘密の小道具を見せます。

「G君、今日はこんな物を持ってきたよ!」

とカバンから取り出したのは実印!

「えー!マジで?」

と驚くG君。期待したとおりのリアクションありがとうございます。いいです!狙い通り・・・。もちろんその日に契約するつもりはありませんが、軽いお遊び。事情を説明すると、気合が入り戦闘モードへ突入したG君はハリアーのカタログ、オプションカタログなど有るだけの資料をドッサリ持ってきて、たちまちテーブルの上が埋まりました。今日はラクティスの発表展示会なのにいいのか・・・?

普通は営業さんが「お望みのお車は御座いますか?」なんて聞きながら車の装備などの説明から始めると思いますが、ネットで下調べしたのですぐに具体的な値段交渉に入ります。自分が希望する装備を順番に言って、G君がドンドンパソコンに入力していきます。

「じゃあ、いい?車はハリアーアルカンターラバージョンの2.4リッターの4WD。色はオプションのホワイトパールで、メーカーオプションが・・・」

みたいな感じで話をどんどん進めます。言いたいことを言った後は(笑)、G君が諸条件を入力し、プリンターに商談メモをセット!おー。プリンターが動き出したぁー。そして出てきた値段が値引き、下取なし、全て込み込みで420万・・・。おーマジかー?!これはいくら何でも高すぎるぜ!余計なオプション付けすぎたかな?その後NSXを査定し、下取金額が出てきて値引きも含めた金額が230万。んー具体的な金額になってきた・・・。(でももうチョッと下げたい。)

しかし、ウン百万もする買い物を実際に商品見ないでは買えないし、カービューの車種別掲示板で240Gはエンジンのこもり音とDレンジアイドリング時にエンジンから振動が出るような書き込みが有ったのが気になったので、試乗車を準備して欲しい旨を告げ、カタログと商談メモドッサリと焼きイモをお土産に、この日の商談は終了になりました。ん〜。それにしてもコーヒー飲み過ぎた・・・。

購入体験記目次
今まで乗っていた車はディーラーでの下取りより、買取り店での「買取り」が高く売る秘訣です。特に新車登録5年以内の車なら下取りより断然買取りです。
欲しい車が決まったら中古車店ではなくネットで検索。希望のグレード、装備をチェックしたらその場で見積り依頼すれば短時間でメールで回答がもらえます。
後付けワンセグチューナーにGPSレーダー探知機能が付いてお得価格で売れてます。異常を感知すると音声以外にTV画面に警告画面を割込表示。取付もスッキリ!
本皮パンチング素材やスエードタイプなど車種別に幅広いラインナップ。専用ヒートヒーターを装着すれば寒い冬も快適ドライブ。中古車も新車の雰囲気になります。
次回、いよいよ初めてのハリアー240G試乗。しかし試乗車がなんと・・・