ハリアー購入体験記 ハリアー購入動機

ハリアー購入動機

通勤快速NSX号

自分が以前乗っていた車はホンダの「NSX」。平成4年式のNSXを若気の至りで購入したのは2001年6月。購入時点で製造後10年がたっていたので購入後、細々としたトラブルが続出していましたが、自分で治せる部分は自分で修理や部品交換を行い、トラブルも楽しみながら?約4年半所有してきました。しかし、色々な部分に不具合が出始め、今後の修理費用や、現在の所有環境、車の使用環境の変化など色々考えた結果、大切にしていたNSXから乗り換えることに決めたのが2005年10月の話。

しかしNSXからの乗換えなど全く考えていなかったので、最近の流行など全く分かりませんでした。軽く浦島太郎状態・・・。しかし硬い意思の元?買い換えることを決めたので、次の車を何にするのか検討を始めました。貯金もないので中古車も考えましたが、当たり外れがあったり、場合によっては購入後すぐ車検なんていうケースもあります。またNSXで何度か路上トラブルを経験し、エンストするんじゃないかと冷や冷やしながら運転していたことも有ったので、次は安心して車に乗りたいことから新車を購入することにしました。貯金は有りませんでしたが・・・。(^^ゞ

以前は「NSX以外、車は絶対日産!」派でしたが、歳月と共にそのようなこだわりも無くなりましたが、車種選びにはかなり迷いました。しかしスポーツカーは選考対象にはありませんでした。NSXを経験してしまった為、中途半端なスポーツタイプの車を購入してもガッカリするだけなので・・・。最低4人乗れて(普通の車は十分乗れますが・・・)、この辺は冬に雪が降るので、出来れば4WDの設定があること。そしてチョッと高級車。エンジンなどのスペックはNSXと比べれば何に乗っても劣るので、あまり重要視せずにゆったり、のんびり乗れる車を探していました。

そこである人物に相談しようと思います。高校時代の同級生、仮にG君としておきましょう。G君は地元のトヨペット営業所に勤務し、社内でも常に販売台数上位にランキングされる敏腕営業マンです。NSXに乗っているときから板金屋を紹介してもらったり、路上でエンストした際に牽引してもらったり(笑)何かとお世話になっているので、出来ればG君から購入したいという考えが有ったのも事実。そこでトヨペットで扱っている車種で何かいい車がないか、トヨタのホームページで色々調べてみました。しかし小型車やセダンが多く、あまり自分好みの車がないなぁーと思っていたところ、「ハリアー」が眼にとまりました。

一時のミニバンブームは下火になったとは言え、出てくる新車は背が高いワンボックスタイプやSUVが殆ど。背の高いミニバンなど全く興味がなく、好きでは有りませんでしたが、ハリアーのデザインはミニバンやクロカン四駆とも方向性が違い、なかなか格好よく見えました。最近の流行に反して、このクラスの定番でもある3列シートでもなく、また北米では「レクサス」ブランドで販売され、トヨタでも高級車のグレードポジション。しかも4WDの設定がある。自分の求めていた要求をほぼ満たしています。

チョッと気になりだしたハリアー。諸元表や装備などを確認するとそこそこ装備も充実しています。エンジンはV6、3リッターのハイオク仕様と直4、2.4リッターのレギュラー仕様の2種類(2005年12月現在)。静粛性や低振動、また走りにゆとりを持たせるのであればV6、3リッターですがハイオク仕様であることや、自動車税など購入後の維持費などを考えれば2.4リッターが良いかな?などと勝手に購入後を想像し始めます(笑)。グレードも装備別に細かく設定されていますが、なかでも特別仕様車の「アルカンターラバージョン」が非常に気になります。シートやドアトリムにスウェード調の人工皮革「アルカンターラ」(日本でのブランド名はエクセーヌ)を使用しているそうですが、アルカンターラ自体見たことないし、手触りも分かりませんが、普通のファブリックより高級っぽく?内装色も自分好みの明るいアイボリー。通常メーカーオプションのDVDナビも標準装備。しかもパワーバックドア。ボディーサイズは多少大きいものの、日常の使い勝手としては申し分なし!じゃあ、一度G君に見積をもらおうと、購入に向け行動を開始しました。

購入体験記目次
今話題の羽の無い扇風機ダイソンエアマルチプライアー。売り切れ必至の今話題の扇風機。ブルーとシルバーの2色。
欲しい車が決まったら中古車店ではなくネットで検索。希望のグレード、装備をチェックしたらその場で見積り依頼すれば短時間でメールで回答がもらえます。
後付けワンセグチューナーにGPSレーダー探知機能が付いてお得価格で売れてます。異常を感知すると音声以外にTV画面に警告画面を割込表示。取付もスッキリ!
本皮パンチング素材やスエードタイプなど車種別に幅広いラインナップ。専用ヒートヒーターを装着すれば寒い冬も快適ドライブ。中古車も新車の雰囲気になります。
それではハリアーアルカンターラバージョンの話を聞きにトヨペットへ行きましょう!