カーライフグッズ

アルカンターラシート汚れ落し|ルームクリン

アルカンターラシート汚れ落し|ルームクリン

以前、アルカンターラシートの汚れを落とすためにベンジンを試してみましたが、今回はアルカンターラシートの汚れ落とし第二弾として、クリーナーを使ってシートの汚れを落してみます。 今回も前回同様、主な汚れはジーンズの藍です。新しいジーンズを穿いて運転すると、どうしてもジーンズの色がアルカンターラシートへ移ってしまいます。そのため運転席は、座布団を敷いてシート座面に色が移らないように対策を行っていますが、 ひざの裏側や、太ももの部分は、どうしてもジーンズとシートが直接触れてしまうので色が移ってしまいます。そこで今回はベンジンに変わり、クリーナーを使ってアルカンターラシートに移った藍色や、普段手を付けることが殆どないシート全体をクリーニングしてみます。

今回使ってみたクリーナーは楽天ショップ洗車の王国で販売している室内専用のクリーナールームクリンです。 製品用途としては、布地、プラスチック製品とのことなので、アルカンターラに対する影響は分かりませんが、試しに購入してアルカンターラシートのクリーナーとして使えるか、試してみることにしました。

運転席アルカンターラシートの汚れの状態

運転席シート右太もも部の汚れ

運転席のアルカンターラシートはご覧の状況です。
シートの座面は座布団を敷いているので綺麗ですが、
右太ももの部分は、ご覧の通りジーンズの色が移ってしまい、
青というか緑色に変色しています。(カビではありません。ジーンズの色が移っただけです。^^;)
この部分は、どうしても乗り降りのさいに擦れてしまうので、特に色移りが激しいです。

運転席シートひざ裏の汚れ

ひざ裏もペダル操作時に擦れる部分です。
左足のひざ裏部分はフロントウィンドウの着色が映り込んでいるのでよく分かりませんが、
右足のひざ裏部分は多少色移りしているのが分かるかと思います。
影のように見えますが色移りです。

クリーナーを使ってアルカンターラシートの汚れを落とします

ルームクリンをタオルに吹き付けます

ではシートの汚れを落としてみます。
使い方は、まずきれいなタオルを水へ浸し、硬く絞ったのちにルームクリンを4〜5回スプレーします。
ルームクリンがタオルに染込んだら、
シートの汚れている部分を軽く擦り、拭き上げます。
汚れ具合に応じてルームクリンの塗布量を調節してみて下さい。

ルームクリンで拭き上げたタオル

一通りシートを拭き上げたらビックリ!
ご覧の通り、青いタオルでも分かるほどタオルが黒くなり汚れが落ちました。
まさかこれほど汚れが落ちるとは思いませんでしたね!

綺麗なタオルでシートを水拭き

汚れが落ちたら次は水拭きで仕上げます。
汚れを落としたのとは違う、綺麗なタオルを水に浸し、
硬く絞ったのち、ルームクリンが残らないように拭き上げます。

水拭きで仕上げたアルカンターラシート

水拭きで仕上げ後の様子です。
タオルの水分がシートに移ったので、水拭きした部分が黒っぽくなっています。
この状態では、どの程度綺麗になっているのかよく分かりませんね。

クリーニング後のアルカンターラシートの状態

クリーニング後の運転席シートの状態
運転席シートの拡大画像

一晩置いて、シートを十分乾燥させました。
明らかに綺麗になっています。(^^)
新品同様・・・という程ではさすがにありませんが、
クリーニング前に比べると、十分納得のいく状態まで綺麗になりました。

またクリーニング後は、アルカンターラ表面の繊維が寝てしまっているので、
衣服のブラシなどで表面を整えると、
綺麗に仕上がります。

ルームクリンを使った感想

効 果 ★★★★★ 事前の予想に反して、これほど汚れが綺麗に落ちるとは正直思っていませんでした。水拭きでは全く落ちなかった汚れが簡単に落ち、使ったタオルが黒くなりましたからね!十分納得できるでしょう。
使用感 ★★★★☆ スプレー式なので取り扱いが楽で、使い方も簡単です。アルカリ性なので、手に付くと少しヌルヌルします。皮膚が弱い人は、手袋の着用をお勧めします。容器のスプレー部分がもう少し大きければ使いやすいと思います。
コストパフォーマンス ★★☆☆☆ 洗浄力が高いのは満足ですが、チョッと値段が高いかなぁ〜。頻繁に使うものでもないので、容量を少なくしたお手ごろサイズが欲しいです。

前回、ベンジンを使ってアルカンターラシートの汚れを落とした際は、あまり綺麗にならなかったので、今回も正直なところ期待していませんでしたが、予想に反して、とても満足いく結果となりました。 但しジーンズを普段からよく履くので、直ぐに色がシートへ移ってしまいます。定期的に綺麗にしないといけませんね。
 自分は外装も綺麗にしていますが、それ以上に車内の汚れを気にしています。足元が泥で汚れていたり、シートに細かいゴミがあったり、車内が匂っていたりすると、乗る人へ不快な思いをさせてしまいます。 特にシートは、人が直接触れる部分なので、汚れがないように綺麗にして、気持ちよくハリアーへ乗って頂きたいと思っています。