ハリアーカスタマイズメンテナンス

ハリアー車検7年目

ハリアー車検7年目

通勤快速ハリアー号は、7年目の車検を迎えました。7年も経つと故障は無いものの、やはりガタといいますか、気になる部分はちらほら出てきていますが、それでもまだまだ元気に毎日走っています。そんな通勤快速ハリアー号は2012年12月22日(土)にトヨペットにて点検整備を受けましたので、その際の詳細をお知らせ致します。ちなみに車検証の有効期限は25日。点検を受けた翌23日は日曜日。さらに翌日24日は祝日。と言うことで期限が切れる日に更新すると言う余裕が無い日程になってしまいました。ぎりぎりだと点検で問題が発見された場合、対処できなくなる可能性があります。車検は有効期限の1ヶ月前から受けられるので、余裕をもって車検を受けて下さい。

ハリアー7年目車検費用

法定費用 重量税 【1.5t超〜2t】 32,800
自賠責保険料 【24ヶ月】 24,950
印紙代等 1,100
整備代金 整備代金 【24ヶ月定期点検、油脂・部品交換等】 30,550
車検代行手数料等 8,400
検査器測定料等 6,300
値引き 車検ご来店割引 ▲2,000
スマイルパスポート車検割引 ▲5,000
その他値引き ▲ 439
請求金額合計(消費税込み)
¥104,100

7年目の車検費用は上記の通りになりました。車検の予約が遅かったので、早期予約割引の2,000円は今回引かれず・・・。意外とシビアだな。まぁ、予約が遅かった自分が悪いので仕方ありません。

法定費用としては、5年目の車検に比べ重量税が安くなりましたね。前回は40,000円でしたが今回は、32,800円。その代わり自賠責保険料が上がりました。こちらは5年目の車検時、22,470円から24,950円へアップ。今回は安く抑えようと、削れる部分は削ったので、前回5年目の車検費用が109,100円でしたので5,000円安くなりました。本来であればあと2,000円下がったのに・・・もったいないですね。皆さん車検の予約はお早めに。

車検整備費用内訳

作業内容・使用部品 部品単価 技術料
整備代金内訳 24ヶ月定期点検(LLクラス)   25,200
冷却液取替 2,822 1,271
ブレーキフルード取替 1,785 2,888
フロントワイパーラバー R&L 取替   924
  DJグラフアイトワイパーラバー 945  
  DJグラフアイトワイパーラバー 893  
リヤワイパーラバー取替 788 0
ウィンドウォッシャ液補充 473 0

整備内容は上のようになります。毎回思う事ですが、ワイパーの交換と、ウォッシャー液の補充はもったいないですね。そんなこともあり今回は、エアコンフィルターの交換は行いませんでした。自分で交換や清掃が出来るので、正直なところもったいない。 ワイパーもカーショップで買うなり、ディーラーで購入して自分で交換したほうが安いですし。ウォッシャー液も500円出せば4リットル近く買えます。なので交換部品を抑えれば車検費用は、もしかすると10万円を切ることが出来るかも知れません。 逆に「10万円で車検をお願いします。」と指値を出せば、案外出来るか知れませんね。どなたかチャレンジしてみてください(笑)。小心者の私には出来ません・・・?

以上が7年目の車検費用となります。おかげさまで故障や不具合もなかったので、追加整備もなく、車検費用を抑えることが出来ました。このまま何事ともなく9年目の車検を迎えたいですね。

バッテリー交換のすすめ

最近の車、特に国産車はめったに故障することはありませんが、JAFのロードサービスのデータを見ると、出動理由の1位がバッテリーのトラブルだそうです。自分はバッテリートラブルは経験したことはありませんが、電装系のトラブルは前触れなく突然起きるので怖いです。

バッテリートラブルの原因はいろいろありますが、ナビやオーディオなどの電装品を使用した状態でエアコンをつけたりすると電気の使用量が多くなり、特に行楽シーズンの渋滞で発電が追いつかず、暑さも加わってオーバーヒートというパターンが多いようです。行楽地でトラブルが多いのも分かります。実は、偶然とか、たまたまではないんですね。ちゃんと因果関係があります。

ハリアーも含め、今はバッテリーの電圧や温度を監視したり、車側の対策はなされていますが、それでもバッテリーそのものが古く、寿命を迎えていれば意味がないので、適切なタイミングでバッテリーを交換されることをお勧めします。

車の使い方にもよりますが、新車では3〜5年で交換を勧める場合が多いです。中古車は交換時期が分からないので、購入時に交換しておくと安心です。