地デジチューナー取り付け

地デジチューナー取り付け

地デジチューナー取り付け

これまでフィルムアンテナ取り付け電源取り出し配線作業と行ってきましたが、今回はいよいよ地デジチューナー本体の取り付けと配線作業を行います。ここまでくれば作業もあと一息です。 これからの作業ポイントは、アンテナや電源などのケーブルを綺麗に隠しながら配線すること。やみくもに電線をはわすと電線を挟み込んだり、最悪断線して映らなくなる可能性もあります。 特にプラスの電線がショートしたら大きな事故になりかねませんので、あせらず慎重に確認しながら作業を進める必要があります。あとは、元に戻す際に部品を余らせないこと。(笑)では作業を進めましょう。

助手席側アンテナケーブル配線

助手席側アンテナケーブル配線

まずは前回の作業で助手席下まで配線したアンテナケーブルを、
地デジチューナを設置する運転席下まで再び配線します。
以前も活躍したベンリーキャッチを使用して、
まずはセンターコンソールまでカーペットの下へアンテナケーブルを通します。
コンソールボックスは前後にスライドするので可動部分は避け、
出来るだけ前方を通した方が良いでしょう。

運転席下へ通したアンテナケーブル

運転席下のヒーターダクト部分はカーペットが切れているので、
この部分からアンテナケーブルを引き出します。
アンテナケーブル以外にも、この後に作業を行う電源ケーブルとリモコンのケーブルも
同様にこの部分から引き出します。

リモコン受光ケーブル配線

リモコン受光ケーブル配線

次にリモコン受光器の取り付けとケーブルの敷設を行います。
あまり目立たない場所へ設置しようとあれこれ検討しましたが、
今回はシガーソケットの隣へ設置することにしました。
膝元にはエアバックがありますし、配線することを考えると、
シガーソケット隣が一番簡単なのでこの場所に決定。

まずはシフトレバー周辺のカバーを外し、コンソール内部へケーブルを通します。
手順として上からケーブルを落として、下から引っ張り出してもいいのですが、
受光器のケーブルは5mもあり、とても長いので
足元のコンソールカバーとカーペットの隙間から受光器をコンソール内へ押し込んで、
上からベンリーキャッチを差込み、押し込んだ受光器を引っ張り上げました。

リモコン受光部取り付け

リモコン受光部は付属の両面テープでシガーソケットの左側へ貼り付けました。
貼り付け前に受光器を見ましたが表と裏がよく分からない・・・
取り付けマニュアルのイラストを信じて写真の向きで取り付けましたが、
結果的にこの向きでよかったようです。

ケーブルの太さがそこそこあるので、
パネルにケーブルを通す溝を加工すれば、パネルも綺麗に収まりますが、
面倒なので強引にはめ込みました。^^;
まぁ、下から覗き込まないとパネルが浮いている事は分からないし。
そのうち加工します。多分・・・

受光ケーブル配線

受光器のケーブルは、かなり余るのでケーブルをまとめてインシュロックで固定後、
カーペットの下へ押し込みました。写真の位置ですね。
この部分、量ったようにまとめたケーブルがぴったり収まりました。

また写真を見て分かるように、
今回の作業で唯一、車内から配線が見えるのがこのケーブル。
僅か2センチ程なんですが、カーペットの上を通ります。
今、考えれば別の方法でカーペットの下を通すことが出来たのではないかと案が浮かんでいますが、
多分、このままでしょう。(笑)

電源ケーブル配線

電源ケーブル配線

次に電源ケーブルを配線します。
地デジ電源取り出し接続で紹介しました、
「電源ケーブルを半田付けしたアクセサリーソケット」をフロントアンダートレイに取り付けます。
その後、トレイを車体へ取り付けようかと思いましたが、
プラスの電源ケーブルがむき出しなのが心配になり、ふと工具箱をのぞくと・・・
コルゲートチューブ発見!
10年近く前、シルビアのオーディオをいじった時の残骸が今頃役に立つとは。
長さも50センチ程ありちょうどいいので、
プラスの電源ケーブルにコルゲートチューブを被せ、
インシュロックで固定後、アンダートレイを取り付けました。
この時、各ケーブルがコンソールボックスのスライド機構へ噛み込まないよう注意して下さい。
また、アクセサリーソケットのコネクターも忘れずに車両側のコネクターへ接続して下さいね。
ここを忘れると電源が供給されず映りませんよ。

運転席下の配線状態

左右のアンテナケーブル、電源ケーブル、リモコン受光器のケーブルを
運転席下のエアコン吹き出し口から引き出しました。
これで配線作業は全て終了となります。
引き出しすぎたケーブルは、地デジチューナー本体取り付け後に
カーペットの下へ(丁寧に)押し込めば良いでしょう。

地デジチューナー作動確認

フィルムアンテナケーブル端子取り付け

それでは必要なケーブルが準備出来たので、正常に作動するか確認作業を行います。
まずはフィルムアンテナへアンテナケーブルの端子を取り付けます。
接続端子には強力な両面テープと、
アンテナと接触する金属端子を保護するビニールが被せて有るので、
ビニールを剥がした後、位置を合わせて慎重に貼り付けます。

アンテナケーブルの接続端子には突起部分が2ヶ所あるので、
フィルムアンテナにプリントしてある▲マークに合わせて貼り付けます。
両面テープは強力なので貼り直しが利かないと思います。
一発で仕上げて下さい。(多少ずれても大丈夫だと思いますが)

地デジチューナー端子取り付け

いよいよ地デジチューナー本体に各ケーブルを取り付け、作動確認を行います。
最初にアンテナ2本、電源ケーブルにリモコン受光器の各ケーブルを地デジチューナーへ差し込みます。
次に現状、VTRアダプタへ接続してあるiPodの接続ケーブルを一旦外し、
そこへ地デジチューナーへ付属されているRCAケーブルを接続します。
最後にケーブルの反対側を地デジチューナーの音声と映像の出力端子へ接続するだけです。
作動確認なので、とりあえず配線はグチャグチャなまま。

地デジチューナーチャンネルスキャンの様子

それではエンジンを掛けてみます。
EMV画面下のTVボタンを押して、画面上のVTRボタンを押します。
すると・・・いきなり勝手にチャンネルスキャンが始まっていました。
たしか自動でチャンネルスキャンが始まったような記憶なのですが・・・
今となっては記憶があいまいです。・・・

地デジ映像

チャンネルスキャンが終わると、めでたく地上デジタル放送が受信できました。
画質も音声も抜群にいいですねぇ〜。
ちょうど男子プロゴルフの中継を行っていたので、
つい見入ってしまいました。

作動チェックの結果、無事に映りましたので、
あとはコンソールボックスを取り付けて作業終了となります。
お疲れ様でした〜。
あっそうそう。地デジチューナー本体も後部座席へ乗車する人に蹴飛ばされないように、
運転席下へ確り収めて下さいね。

地上デジタル放送を受信してみて

街中ではほぼフルセグを受信

地デジチューナーを取り付けて、もっとも気になるのは電波の受信状況だと思います。まず今回取り付けたパイオニアの地デジチューナーGEX-700DTVは2アンテナ、2チューナー方式なのですが、 周りに高い建物がない地方の田舎町ということもあり、フルセグの電波状況はよく、市街地走行中は常にフルセグの電波を受信しています。 ただし山のふもと、山間部や地形的にくぼ地になっているところでは、ワンセグへ切り替わることも時々ありますが、映像が止まったり、音声が止まるといった状況はこれまで経験していません。 周りに高い建物がある都市部や、山間部での利用が多いようでしたら、4アンテナ、4チューナー方式をお勧めしますが、 市街地での利用がメインだったり、とりあえず映ればいいということであれば、2アンテナ、2チューナー方式で十分だと感じます。

フルセグとワンセグ、その差は歴然

地デジチューナー購入時に迷ったのが、フルセグチューナーにするかワンセグチューナーにするかという事。エレクトロマルチビジョンの画面は、もちろんハイビジョンではないので、 フルセグのチューナーを購入しても意味がないと思いながらも、一応フルセグのチューナーを購入した訳ですが、実際に取り付け映像を見てフルセグで良かったと実感しています。

まずワンセグの画質ですが、携帯で見るのと同様に画質が荒く、動きも滑らかさに欠けます。一方フルセグの画質はワンセグに比べ肌理が細かくて解像感が高く、明らかに動きが滑らかです。 ただしエレクトロマルチビジョンの液晶では、残像が出るのは仕方ありませんね。ただ走行中に映像を見ることはないので、とりあえずこの点は問題ないでしょう。

そして音声ですが、こちらの違いはもう歴然です。ワンセグとフルセグが切り替わった事がはっきり分かります。どのくらい違うかと言うと、AMラジオの音質とFMラジオの音質、そのくらい違います。 この音質の違いだけでもフルセグにする価値はあったと感じています。フルセグとワンセグどちらにしようか迷っているのであれば、絶対にフルセグチューナーをお勧めします。

安定した電波受信により走行中でも高音質・高画質

電波は走行中でも安定して受信しています。ワンセグとフルセグの切り替えは、場所によっては頻繁に切り替わりますが、市街地ではフルセグを安定して受信しています。 ブロックノイズが発生した事が何回か有りましたが、映像が止まるようなことは無いように思います。また音声が途切れることもなったと思います。 もちろん場所にもよると思いますが、2アンテナ・2チューナーでも安定して高音質、高画質を得られます。4チューナー方式でしたら、ワンセグとフルセグの切り替え頻度も少なくなることでしょう。 ただ一点気になるのが、車速が上がり自動でドアロックされますが、その際一瞬音声が止まります。なぜでしょう?iPodを聞いている時には症状は出ないのですが・・・。不思議ですが、とりあえず問題ないのでそのままです。

エンジン始動で自動的に電源が入ります

今回取り付けた地デジチューナーGEX-700DTVは、エンジンの始動と同時に電源が入ります。なのでEMV下のTVボタンを押せば、直ぐに地デジが視聴できるので、外部接続する機器が地デジチューナーだけであれば便利ですが、 その他の機器、例えばiPodも接続している場合は、いちいち地デジの電源を切らなければならないので多少面倒です。(複数の機器を接続する際の配線方法や使用機器にもよります。) エンジン始動時の電源状態を任意で設定出来ればいいのですが、そこまでは出来ないようです。

地デジチューナーの取り付けで、どこまで配線を上手く隠せるか多少心配でしたが、リモコン受光器以外の配線は上手く隠す事ができ、車内を見渡しても後付け感はないので、上手く出来たのではないかと思います。 画質に関してもアナログ放送のように映像が分からなくなるような砂嵐はもちろん出ませんし、音質についてもノイズレスで綺麗な音声を楽しめます。緊急時の情報収集手段としても、是非地デジチューナーの取り付けをお勧めします。 あとは・・・VTRアダプタへ地デジチューナーを取り付けた際に外した、iPodはどうすのかと言うと・・・また次回のお楽しみです。

作業難易度
★★☆☆☆

今回の作業で少し面倒だったのが、リモコン受光器のケーブル敷設作業でした。シフトレバーまわりのカバーを取り外し、ベンリーキャッチで受光器を引っ張り上げたのですが、下から押し込んだ受光器が見えず、ベンリーキャッチでなかなか掴めませんでした。 それ以外は大した作業ではないので、割とスムーズに取り付け作業は進みました。今回の地デジチューナー取り付け作業全体を通じてのポイントは、電源をどのような方法で確保するのか。 この電源を取り出す方法により、作業の難易度や作業時間も変わると思います。

作業時間
15〜20分

今回、一番時間が掛かった作業としては、リモコン受光器の取り付けだと思います。シフトレバー周辺のコンソールが簡単に外せればいいのですが、外すにはかなりの手間と時間が掛かりますので、早く作業を進めるには、 今回使用したような専用工具があると便利です。工具が無くても作業自体は行えますが、少し時間が掛かると思います。

GEX-700DTVの紹介

今回購入した地デジチューナーは、パイオニア製のGEX-700DTVです。主な特徴としてフルセグとワンセグの自動切換え機能があります。詳しいことは分かりませんが、ワンセグの電波の方が遠くまで安定して飛ぶようです。 そのため、フルセグの電波を受信できる際にはフルセグ画質で、山間部など電波状況が悪くなるとワンセグへ自動的に切り替わることで、快適な視聴が楽しめます。

もうひとつ安定した画質を得るための機能として、2アンテナ2チューナー機能があります。電波をそれぞれのアンテナで受信し、お互いの欠損部分を補い画面に出力します。以前、10年位前に自分でカーナビを買って取り付けた時代、 アナログ放送を受信する方法としてダイバーシティアンテナがありました。カタツムリの角みたいなアンテナをルーフや、トランクリッドへ取り付けました。 当時は感度の良いアンテナへ自動的に切り替わる機能でしたが、今ではそれぞれのアンテナで受信したデジタル信号を合成しているので、少ないアンテナでも綺麗な画質を得ることが出来るようです。