ハリアーカスタマイズメンテナンス

地デジ電源取り出し接続

地デジ電源取り出し接続

地デジフィルムアンテナ取り付けに続いてこのページでは、地デジチューナーへ供給する電源の取り出し方法を紹介します。電源を取り出す場所はいくつかありますが、地デジチューナーは、アクセサリー電源(ACC電源)へ接続する必要があります。 また地デジチューナーを運転席下へ設置する都合上、出来るだけその周辺から電源を取り出したいので、今回はフロントアンダートレイにあるアクセサリーソケットから電源を取り出すことにしました。

アクセサリーソケットはその名の通り、アクセサリー電源回路へ接続されていて、エンジンキーの位置がACCまたはONの位置で電源が供給されます。また車両の他の機器へ電機を供給しない独立した電気回路なので、他にアクセサリー機器を接続しなければ地デジ専用の電源供給回路となります。 通勤快速ハリアー号は、普段アクセサリーソケットは使用していないので、この回路に接続することで、仮に地デジにヒューズが切れるような大きな電気的トラブルが発生しても、エンジン制御など他の重要な電気回路に影響は及びません。 よって今回の地デジチューナー取り付けでは、アクセサリーソケットから電源を取り出します。

コンソールボックス取り外し

コンソールボックス取り外し

アクセサリーソケットから電源を取り出すにあたり、車内から電源ケーブルが見えない施工を目指すので、今回はアクセサリーソケットへ挿入して使用するプラグなどを使わず、アクセサリーソケット裏の配線部分へ直接、地デジチューナーの電源ケーブルを接続します。 そこでまず最初の作業として、ハリアーの特徴でもある前後スライド式コンソールボックスの取り外し作業を行います。

コンソールボックスを取り外す準備として、コンソールボックスを一番後方へスライドさせ、そして運転席、助手席共に一番前方へスライドさせます。

コンソールボックスメクラカバー取り外し

コンソールボックス両側にメクラカバーが被せてあるので、
細いマイナスドライバー等でこじ開けます。
内装ハガシではチョッと厳しいと思うので、細いマイナスドライバーがいいですよ。
カバーが外れたら中に二面幅10mmの六角ボルトが片側3ヶ所、
左右計6ヶ所をラチェットレンチで外します。
ディープソケットか、エクステンションバーがあると作業がやり易いです。

コンソールボックス固定ボルト

次にコンソールボックスをスライドさせるロックレバーのワイヤーを外します。
特に工具は必要ありません。
青い樹脂部分を手前に引っ張れば簡単にワイヤーが外れます。
このワイヤーは運転席側だけにあり、助手席側にはありません。

コンソールボックス配線外し

撮影のため灰皿でコンソールボックスを上げていますが・・・
コンソールボックスの内部にはコンソールボックス照明のケーブルが通っているので、
コンソールボックスの前側を持ち上げ、
コネクターとケーブルを固定しているクリップを取り外します。
このクリップがとても硬いので怪我をしないように気をつけて下さい。

コンソールボックス取り外し状態

ケーブルが外れたらコンソールボックスを持ち上げてください。
ボルト以外で固定されていないので簡単に外れます。
またエアコンの噴出口へ繋がっているダクトも
引き抜くと簡単に外れるので、外した方が作業がやり易いと思いますよ。

フロントアンダートレイ取り外し

固定ネジ取り外し

次にコンソールボックス下のフロントアンダートレイを取り外します。
このカバーはネジとクリップで固定されています。
ネジは先程外したコンソールボックス給電コネクターのすぐ近くに2本あるので、
プラスドライバーで外します。

コンソールアンダートレー背面
コンソールアンダートレー背面前方
コンソールアンダートレー背面後方

プラスのネジ2本を外した後、上方へ引っ張り上げれば外れます。
固定方法はネジ2本とクリップが3ヶ所です。
上の写真で青いクリップが確認できると思います。
後方のクリップはボディーにはまったまま外れてしまいましたが、
クリップの穴が鍵穴の形状になっているので
ボディー側にはまっているクリップを無理して外さなくても元通り取り付け出来ます。

アクセサリーソケット取り外し

アクセサリーソケット取り外しのコツ

ここまで来たらアクセサリーソケットの取り外しまであと少しです。
この状態で配線作業をしてもいいのですが作業性が悪いので、
トレーからアクセサリーソケットを取り外して作業を行います。
アクセサリーソケットの取り外はとても簡単。
上の写真でソケットの内部、右側面に小さな四角い窓が見えます。
この窓に樹脂の爪が引っかかっているので
細いマイナスのドライバー等で爪を押し込みます。

アクセサリーソケット取り外し手順
引き抜けたアクセサリーソケット

爪を押しながら金属部分を手前に引っ張り出すとソケットが抜けます。
コネクターまで引き抜けますが、
コネクターを引く抜くには引き抜ける角度というか位置がありますので、
力任せに引き抜くとコネクターを壊すので注意が必要です。

アクセサリーソケットの極性確認

自動車の電気は直流です。プラスとマイナスが有ります。
アクセサリーソケットの電線は白と黒が使われています。
一般的に黒がマイナスですが、一応確認するために
外したソケットを車両側のコネクターへ接続し、
電気を流して極性を確認します。
すると予想通り白の電線がプラス側でした。

電源ケーブル半田付け作業

切断した地デジチューナー電源ケーブル

ここからは、取り外したアクセサリーソケットへ、地デジチューナーに付属されている電源ケーブルの半田付け作業を行います。付属されている電源ケーブルは、カタログの記載によると5mの長さがありますが、アクセサリーソケットから運転席下まで、それ程電線の長さは必要ありません。 また、今回は半田付けにより電源ケーブルを接続するので、電線に圧着されているギボシ端子も必要ないことから、地デジチューナーへ接続するコネクター側から約2m程の位置で電線を切断しました。結果的にもっと短くても良かったようです。 上の写真は切り落とした電源ケーブルです。

そしてアース線。付属の電源ケーブルのアース線は、長さが1mでY端子が圧着してあるので、地デジチューナー周囲の金属部分へネジ止めすれば良いのですが、適当なボルトやネジが周辺に無いことや、アクセサリーソケットにマイナスの電線があることから、 アース線もアクセサリーソケットへ半田付けすることにしました。ただし問題はアース線が短いこと。そこで付属の電源ケーブルと同じ太さの電線(UL1007 AWG18)で継ぎ足し、アース線を延長した後、プラス側の電線同様、アクセサリーソケットへ半田付けしました。

アクセサリーソケットへ半田付けした地デジチューナー電源ケーブル1
アクセサリーソケットへ半田付けした地デジチューナー電源ケーブル2

アクセサリーソケットへ、地デジチューナーの電源ケーブルを半田付けした様子です。
アクセサリーソケットの白い電線がプラスなので、電源ケーブルの赤い線を。
黒いマイナスの電線へ、電源ケーブルの黒い電線をそれぞれ半田付けしました。
電線を出し流す方向を、コネクター側にしましたが特に意味はありません。
多分、ソケット側でも問題ないと思います。
ソケット側へ出した方が、車両へ取り付ける際に無理な引き回しがないので
そちらの方が良いかも知れません。

電源ケーブルの接続は以上となります。電線を隠して綺麗に仕上げるとなると、取り外す部品が増えるので作業が大変になり時間も掛かります。とことん時間を掛けて配線を隠し綺麗に仕上げるのか。配線が見えても良いので簡単に取り付けるのか。 自分のように中途半端に配線を隠せず妥協するのか(笑)。それぞれの取り付け方でいいと思います。ただし電気を扱いますので、プラスの電線の接続、配線には気をつけて下さいね。

作業難易度
★★☆☆☆

コンソールボックスは意外と簡単に取り外す事が出来ましたが、その後のアンダートレイの取り外しが少し大変でした。クリップで硬く固定されている部品を外すのは大変です。指の力を使う作業となるので、指を怪我しないように気を付けて下さい。 あとは配線をどのような方法で行うかによると思います。半田付け、シガーアダプタ、圧着など色々な方法があるので、ご自身のスキルにあった方法でいいかと思います。

作業時間
片側15〜20分

作業の難易度としては、コンソールボックスはボルト留めなので、これは簡単に取り外せます。その後のアンダートレイがガッチリクリップで留まっているので、これを取り外す作業が少し大変かな?またこの作業で意外と面倒だったのが、シートの前後のスライド移動。 通勤快速ハリアー号は、助手席は手動式なので直ぐに移動できますが、運転席は電動なので前後のスライドに時間が掛かりチョッとイラッとする。(笑)

そしてこの工程のメイン作業である地デジの電源配線作業。半田付けや圧着、ソケットの使用など色々と手段はあるので、ご自分のスキルやお持ちの道具にあわせて配線方法を選んでいいと思います。 ちなみに作業時間の目安は、アクセサリーソケットの取り外しまでに掛かる時間で、配線に掛かる時間は考慮していません。

GEX-700DTVの紹介

今回購入した地デジチューナーは、パイオニア製のGEX-700DTVです。主な特徴としてフルセグとワンセグの自動切換え機能があります。詳しいことは分かりませんが、ワンセグの電波の方が遠くまで安定して飛ぶようです。 そのため、フルセグの電波を受信できる際にはフルセグ画質で、山間部など電波状況が悪くなるとワンセグへ自動的に切り替わることで、快適な視聴が楽しめます。

もうひとつ安定した画質を得るための機能として、2アンテナ2チューナー機能があります。電波をそれぞれのアンテナで受信し、お互いの欠損部分を補い画面に出力します。以前、10年位前に自分でカーナビを買って取り付けた時代、 アナログ放送を受信する方法としてダイバーシティアンテナがありました。カタツムリの角みたいなアンテナをルーフや、トランクリッドへ取り付けました。 当時は感度の良いアンテナへ自動的に切り替わる機能でしたが、今ではそれぞれのアンテナで受信したデジタル信号を合成しているので、少ないアンテナでも綺麗な画質を得ることが出来るようです。